1. ホーム/
  2. コラム/
  3. 男女とも要注意!その汗っかきは「冷えのぼせ」の症状かも

男女とも要注意!その汗っかきは「冷えのぼせ」の症状かも

もっと見るタグ: リラックス, 健康雑学, 入浴, 冷えのぼせ, 冷え症, 冷温交代浴, 夏バテ, , 温活, 疲労回復, 自律神経, 血行促進

「冷え性」と言うと、女性に多いイメージがありますが、近年では男性の4人にひとりが「冷え症」だという調査結果もあるそうです。

「冷え症」には、いくつかの段階があるとされています。身体が冷えるとまず「血行不良型」の冷えが生じます。この状態が続くと、血液やリンパ液の循環が滞り、余分な水分や老廃物などを回収できず、むくみを起こす「水分代謝異常型」の冷えに発展します。
更に、この状態が続くと、恒温機能(体温を一定に保つ本能的な機能)が働きはじめ、生命維持に最も重要な頭部の温度をあげようと自律神経が信号を送ります。
その結果、「頭部や上半身は熱いのに、手足は冷えている」というアンバランスな状態に。この「自律神経異常型」の冷えが、いわゆる「冷えのぼせ」の症状です。中医学では「上熱下寒」「表熱裏寒」などと呼ばれ、改善すべき症状の一つとされています。

冷えを身体に呼び込まない工夫を

クーラーの効いた室内に長時間いたり、クーラーの効いた室内と蒸し暑い室外を行き来をすると、寒暖差疲労が起こり、自律神経のバランスが乱れ血液循環が悪くなります。
室内ではクーラーの冷気に肌を直接晒さぬよう、羽織れるものを一枚準備しておくようにしましょう。足首や手首、首などの冷えやすいポイントをカバーすると尚良し、と言われています。
また、冷たいものを飲んだり食べたりしていると、身体が芯から冷え切ってしまう原因に。内臓の冷えは消化機能を低下させ、夏バテの原因になるので、できるだけ常温や温かいものを選ぶよう心がけてみてください。

身体の中から熱を作り出す努力も

意外と見落とされがちですが、身体で最も熱を作るのは筋肉です。筋肉の少ない女性に冷え性が多いのは、このためですが、だからといってハードな運動が必要なわけではありません。運動不足を解消する程度の軽い運動を、毎日少しづつ行うだけでも、冷えの症状は和らぎますよ。

ストレス解消と冷えの緩和には、お風呂が効果的

シャワーで済ませてしまう方も多いかもしれませんが、長い時間でなくても良いので夏場こそ湯船に入り、1日の疲れをリセットしてください。温かいお湯は身体に溜まった冷えを和らげてくれるほか、筋肉の緊張やコリをほぐしたり、自律神経を整えるなど、様々な効能があります。

しつこい冷えが取れない時は、ツボで温活もおすすめ

冷えが取れないときには、使い捨てカイロなどを利用して、ツボを直接温めるのもオススメです。おへその下にある「丹田」というツボや、背骨の一番下にある「仙骨」のあたりを温めると、身体が温かくなり、免疫力が向上する効果があると言われています。お腹がほかほかと温かいと、気分も落ち着き不思議と安心感がありますので試してみてくださいね。

  1. ホーム/
  2. コラム/
  3. 男女とも要注意!その汗っかきは「冷えのぼせ」の症状かも
Close

LDLコレステロール対策で取り組む

特定保健用食品 「緑でサラナ」