1. ホーム/
  2. コラム/
  3. コレステロールは冬休み明けに急上昇?!野菜のチカラ(SMCS)で対策を

コレステロールは冬休み明けに急上昇?!野菜のチカラ(SMCS)で対策を

もっと見るタグ: PR, SMCS, キャベツ, コレステロール, サンスター, ブロッコリー, 健康雑学, , 緑でサラナ, 脂質異常, 食事, 高脂血症

コレステロールは冬休み明けに急上昇?!野菜のチカラ(SMCS)で対策を

血圧やコレステロールの値は、季節の影響を受けやすいと言われています。夏は血圧や脂質を適正値に維持出来ていても、冬には上昇する傾向があると言われていて、日常の生活にも注意が必要です。

CHECK!
寒い季節は上がりやすい?冬のコレステロール対策

特に年末年始はイベントや会合が多く、どんなに気をつけていても食事量が増えがちです。加えて、忙しさや気温の低さが影響して、家の中にいる時間が多くなるため運動不足になりやすい時期でもあります。

ひとつ興味深い研究結果をご紹介しましょう。
2018年コペンハーゲン大学病院の発表によると、コレステロール等が関連する病歴のない健康な人が、ホリデーシーズン(クリスマスから年明けまで)を過ごした後の血液検査で、夏場の検査数値に比べ、悪玉(LDL)コレステロールが約20%、総コレステロールは約15%の上昇を確認したそうです。これはかなり大幅な上昇ですよね。
この報告書の中には、ホリデーシーズン直後の1月第1週はその他の時期と比較して、高コレステロール血症リスクが約6倍に上昇するため、特に注意が必要だという記述もあります。

日本と西洋では食事事情など異なる部分があるかもしれません。しかし「冬の寒さ」「豪華な食事の頻度」「運動不足」などの素因は同じ。つまり、冬休み明けにはしっかりとコレステロール対策することが「転ばぬ先の杖」であると言えるでしょう。

アブラナ科の野菜に含まれるSMCSが、LDLコレステロールの代謝をサポート

ブロッコリーやキャベツなどのアブラナ科の野菜には、LDL(悪玉)コレステロールを下げる効果のあるSMCS(S-メチルシステインスルホキシド)という天然のアミノ酸が含まれています。

LDLコレステロールは通常、肝臓で酵素の働きによって胆汁酸に変化し、体外へ排出されます。SMCSはこの酵素の働きをより活性化し、肝臓での胆汁酸の合成を促進します。その結果、LDLコレステロールの低下を助けてくれるのです。

SMCSが豊富に含まれている健康道場の野菜ドリンク「緑でサラナ」を1日2缶飲み続けると、3週間目以降からLDL(悪玉)コレステロールが低下するという結果が、ヒトを対象にした試験で示されています。

コレステロールは冬休み明けに急上昇?!野菜のチカラ(SMCS)で対策を

加齢由来の筋肉量減少にストップ!コレステロール対策にも有効

コレステロールは健康を害する悪者のようなイメージがありますが、それは少し間違い。
身体に必要なコレステロールは、約3割が食べ物から、残り約7割は糖質や脂肪酸を原料として主に肝臓で合成されていますが、中でも悪玉(LDL)コレステロールは、血流により全身の各細胞で様々活用されている、生命を維持してゆくために欠かせない成分の一つです。

しかしそれも過剰になると話が変わってしまいます。
血中にうっ滞して行き場のない悪玉(LDL)コレステロールは、何故か血管(動脈)の内壁に入り込んでプラークを形成、これが血管に悪影響を与えると言われています。このデメリットの部分が、LDLコレステロールが悪玉という名前になった所以です。

コレステロールは冬休み明けに急上昇?!野菜のチカラ(SMCS)で対策を
CHECK!
・これからは骨格筋が資産。肝臓の負担を減らす働きも

これはコレステロール値改善や、肝臓の負担を減らすためのチカラになるということ。
加齢に伴う身体の衰えは、誰にとっても仕方がない部分はあります。しかし年齢に適した筋肉量を維持する努力がコレステロール値の適正化や、ひいては健康維持のために奏効するため、しっかりと維持する努力は必要です。

運動と食事、双方向からコレステロール対策を

このように冬休み明けのコレステロール対策には、「運動」と「食事」の両面からアプローチすることが理想的。

しかし「コレステロールを下げるためにどんな対策があるか」を知っているだけでも、日々の生活の中で食べすぎの抑止や運動不足の改善につながる場合もありますし、ご自身の生活により適した改善方法を見つける手がかりになるはずです。

ぜひ無理のない範囲で、ご自身の生活習慣の中で取り入れやすい方からチャレンジしてみてくださいね。

SMCS26mg を手軽に摂取! トクホ(※1)のLDLコレステロール対策飲料

アブラナ科野菜由来のSMCSでコレステロールを無理なく低下させながら、不足しがちな野菜量をしっかり補うことができます。

(※1)消費者庁「特定保健用食品許可(承認)品目一覧」より(2019年8月現在)
・1日2缶(1回1缶)を目安にお召し上がりください。
・食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを。

ご愛飲者の声

野菜を摂ったと実感できます!(40代 女性)

主人のコレステロールを下げたいと思い購入しました。濃厚で美味しく、朝夕の食後に飲んでいます。「緑でサラナ」は野菜を摂ったのと同じなので、安心感があります。

  1. ホーム/
  2. コラム/
  3. コレステロールは冬休み明けに急上昇?!野菜のチカラ(SMCS)で対策を