1. ホーム/
  2. コラム/
  3. 暑さで食欲がでない夏を乗り切る、栄養摂取と食事のコツ

暑さで食欲がでない夏を乗り切る、栄養摂取と食事のコツ

もっと見るタグ: PR, サンスター, 夏バテ, 栄養補給, 玄米, 疲労回復, 米ぬか, 食欲不振, 飲む一膳分

暑さに体力を奪われがちな夏。高温多湿のストレスから自律神経が乱れ、様々な不調を招きやすくなる時期です。中でも食欲の減退は、疲労回復に必要な栄養が不足し疲労回復のスピードを遅くしたり、食事量が減少し脱水症状を引き起こすきっかけになる場合もあり、注意が必要です。
夏特有の食欲不振を解消するには、いくつかコツがあります。ぜひ夏バテ予防に役立ててくださいね!

ポイント1:栄養価が高く消化に良い食品を選ぶ

食べ物を消化するという作業は、実は身体にとってかなりのパワーを必要とするもの。自律神経の乱れから、胃腸の消化機能が著しく低下してい時に、消化に負荷がかかる食事を摂ると、かえって身体に疲労を呼び込む負のスパイラルに陥ることも。食事は栄養価が高く、消化に良いものを選ぶようにしましょう。

ポイント2:ゆっくり噛んで食べる

消化機能の調子が思わしくない時だからこそ、良く噛んで食べることを意識することが大切です。
よく噛むことで、食べ物が細かく砕かれ、胃腸での消化・吸収の効率がより高まります。また、咀嚼回数が多いほど、唾液に含まれる消化酵素が多く分泌され、胃腸での消化・吸収の負担が軽減されるとされています。

ポイント3:不足しがちなミネラルも摂る

夏は、発汗などで身体からミネラルが失われがち。ナトリウムやカリウムのバランスが崩れてしまわぬように、食事から摂取を心がけたいものです。季節柄、みずみずしい野菜が出回る頃ですから、生食でまるごと栄養を頂くとよいでしょう。

ポイント4:疲労回復に必須!ビタミンBも忘れずに

水溶性ビタミンB1やビタミンB2はミネラル同様、発汗で失われやすい成分です。
エネルギー代謝に関わる栄養素ですが、体内に貯蔵することができないため、特に夏場はこまめに摂取する必要があります。

もちろん何より「美味しいものをチョイスする!」ことも忘れたくありませんね。暑い夏を美味しく楽しくお過ごしください。

嬉しい栄養素がいっぱい!手軽で簡単、夏の栄養補給にも。

栄養の宝庫"玄米"と、畑の肉"大豆"の恵みをぎゅっと凝縮。 何より美味しく飲みやすいドリンクタイプ!夏ならひんやり冷やして、気分のリフレッシュにも◎

ご愛飲者の声

栄養成分を見て良いと感じた!(40代 女性)

"米ぬか"が配合されていることと栄養成分(食物繊維 バナナ約8本分、マグネシウム 干し椎茸 約37.5個分)に惹かれ購入。飲み始めて1週間くらいで、体調が良くなり、体が軽くなった感じがします。

  1. ホーム/
  2. コラム/
  3. 暑さで食欲がでない夏を乗り切る、栄養摂取と食事のコツ