1. ホーム/
  2. お知らせ/
  3. サンスター 米ぬか酵素処理物の血圧降下作用と新しい血圧降下ペプチドを学会発表

サンスター 米ぬか酵素処理物の血圧降下作用と新しい血圧降下ペプチドを学会発表

国立大学法人 京都大学大学院 農学研究科 大日向耕作 准教授の研究グループとサンスター株式会社は、共同研究により、玄米の胚芽と表皮にあたる「米ぬか」のタンパク質を酵素で分解して得られたペプチド*1混合物(以下、ライスピールペプチド)の血圧降下作用を明らかにし、ライスピールペプチドに含まれる新しい血圧降下ペプチドを発見しました。この研究成果は、第71回日本栄養・食糧学会大会(2017年5月19日(金)~21日(日)、於:沖縄コンベンションセンター)にて発表*2される予定で、同学会大会の一般講演約700件の中から学会の編集委員によって25件程度選ばれる注目の研究成果「トピックス演題」に選定されました。

発表について詳しくはこちらから

  1. ホーム/
  2. お知らせ/
  3. サンスター 米ぬか酵素処理物の血圧降下作用と新しい血圧降下ペプチドを学会発表
健康道場メールマガジンのご登録(無料)はお済みですか?
最新記事やおトクなキャンペーン情報などをメールマガジンでGET!
Close

LDLコレステロール対策で取り組む

特定保健用食品 「緑でサラナ」