1. ホーム/
  2. コラム/
  3. 糖質&カロリーが気になる方に。ジュースや清涼飲料水との上手な付き合い方

糖質&カロリーが気になる方に。ジュースや清涼飲料水との上手な付き合い方

もっと見るタグ: PR, SMCS, カロリー, サラベリー, サンスター, 健康雑学, , 糖質, 間食

糖質&カロリーが気になる方に。ジュースや清涼飲料水との上手な付き合い方

夏は喉が乾いて、ついついコンビニやスーパーで売られているジュースに手が伸びてしまう……という方も多くなる季節ですね。
でもちょっと待って!糖質が気になる方は、今手に取ったジュースや清涼飲料水には、どれくらいの糖質が含まれているか……ということを一度立ち止まって考えてみてください。

そもそも糖質ってなに?

糖質は、穀類やいも類、砂糖類等に含まれる、人のエネルギー源となる重要な栄養素です。
最近良く聞く「糖質制限」。糖質≒炭水化物という意味で使われていることが多いようですが、炭水化物から食物繊維を引いたものが糖質です。

低糖質を選ぶ、糖質以外に含まれる栄養に目を向けてみる

間食には、低血糖を防ぐ目的や、食事で足りていない栄養素を補給する役割のあるものと捉え、ご自身に今必要なものを見定めて摂取しましょう。
肥満や血糖値が気になる人は、糖質オフあるいは低糖質飲料を選ぶと、身体への負担が少なくなります。

また、野菜不足の人はビタミンを豊富に含んだ野菜や果実のジュースを選ぶ、たんぱく質不足を感じている人は、無調整豆乳などの飲料を選ぶ、仕事中の集中力を上げたい時は、カフェインが適量入ったものを選ぶなど、その時々に応じて必要な成分は何か?ということに目を向けてみるのも良いでしょう。

糖質と同じくらい気にしたいカロリー。間食の合計カロリーは1日の摂取カロリー10%以内に

ジュースや清涼飲料水は、いわば間食(おやつ)に分類されるもの。スナックやスーツなどを含め、間食全体として摂取カロリーが多すぎになっていないかを確認するとよいでしょう。

農林水産省「食事バランスガイド」によると、1日の間食量は、200kcalまでを1つの目安とするようです。年齢や性別、活動量によって異なりますが、概ね1日の摂取カロリー量の上限は2000〜2200カロリーくらいです。食事からの栄養摂取をしっかり確保するためにも、ジュースや清涼飲料水など、間食で摂取するカロリーや糖質の量は、10%以内に収めるよう注意しましょう。

飲み方を工夫する

炭酸入りの清涼飲料水の爽快感が大好き!という方も多くいらっしゃるかと思います。
しかし、一般的な炭酸系の清涼飲料水には、ペットボトル1本(500ml)につき、40~65g(角砂糖10~16個分相当)が含まれていると言われています。これは、間食の1日の摂取目安200カロリーを超えてしまうほどの量なので、注意が必要です。

無糖の炭酸水も、コンビニやスーパーで手軽に手に入りますから、果実系のジュースを炭酸水などで割って飲むなどして、量を調整すれば、爽快感・満足感共に満たしながら、摂取するカロリーを下げることが出来ますよ。

低糖質・低カロリーで、“おいしさ”と“健康”を両立!

ボイセンベリー、ブルーベリー、ストロベリーと野菜をブレンドし、おいしく1日分の野菜不足を補います。
ベリー味だけど、1本160gあたりの糖質7.0g、カロリー30kcalとうれしい低糖質&低カロリーで間食にもおすすめです。しかも天然アミノ酸(SMCS)26mg配合!

ご愛飲者の声

N.O様 女性

甘酸っぱい美味しさが気に入っています。果汁100%ジュースだと糖質が多くなりがりですが、このジュースなら糖質少なめ。野菜由来の栄養を補えるのも、続けやすい理由です。

  1. ホーム/
  2. コラム/
  3. 糖質&カロリーが気になる方に。ジュースや清涼飲料水との上手な付き合い方
健康道場メールマガジンのご登録(無料)はお済みですか?
最新記事やおトクなキャンペーン情報などをメールマガジンでGET!