1. ホーム/
  2. 腸にいいお話 ~腸内フローラを知ろう

食事・身体・心の正しいバランスをつくる腸にとっていいお話 免疫細胞の約70%が集まる

  • 腸内フローラを知ろう
  • シンバイオティクスって?
  • 腸ストレスをなくそう
  • 快腸エクササイズ
  • 腸美人診断

腸内フローラを知ろう

健康長寿のカギは、腸内環境にあり!

腸は「食べ物の消化」を担う器官としてだけでなく、約70%の免疫細胞が集まる「免疫器官」としての役割を持つことが、明らかになっています。このようなことから現在、腸は人々の健康と生命維持に対し、重要な働きを数多く担う器官として大変注目を集めています。

「腸内フローラ」とは?

人の腸内(特に大腸)には、500種類とも1000種類とも言われる細菌が100兆個程度存在すると考えられており、それらの様々な細菌によって構築された複雑な生態系を、腸内細菌叢または腸内フローラと呼びます。人は細胞の集まりですが、人を構成している細胞の数は60兆個程度と言われており、100兆個程度という腸内細菌はとても大きな世界を形成しているということが想像できるのではないでしょうか。

ちなみに「フローラ」とは腸内環境を顕微鏡で見た時に、野山に咲く草花が生い茂った草むらのように見えることから命名されたと言われています。微生物世界の不思議を表し、なおかつ自然環境を美しく保つことと同様に、腸内環境も大事にしなければ......と感じさせてくれる、上手い表現だと思いませんか?

健康と腸内細菌の密接な関係

腸の健康を左右する要因として腸内細菌があります。人の腸内(特に大腸)には、500種類とも1000種類ともいわれる細菌が100兆個程度存在すると考えられており、人と共生しています。人は細胞の集まりですが、人を構成している細胞の数は60兆個と言われていますので、「人の細胞の数より、腸内にいる細菌の数が多い」ということになります。腸内細菌には、よく善玉菌と悪玉菌の話が出ますが、絶えずお互いに影響しあっており、腸内でバランスを取っています。

腸内環境を整え、善玉菌を元気にする生活習慣とは?

腸内環境の改善は、人間の健康の礎であると言っても過言ではありません。
すこやかな毎日を送るには、すこやかな腸内環境が大切です。食亊と身体と心の3つの柱を正しいバランスに戻し、人間本来の健康になろうとするチカラ(免疫力)を目覚めさせ、人生をいきいきと過ごしましょう!

Close