免疫力を上げる 炒り玄米茶粥

もっと見るタグ: 30分, オールシーズン, レシピ, 三年番茶, 主食, 免疫力, 和食, 玄米

炒り玄米茶粥
栄養士からの
ワンポイントアドバイス
サラサラしたお粥ですが、しっかり噛んで食べることで、消化を助け、また満腹感を感じやすくなります。
エネルギー
(1人分)
調理時間
140kcal 30

材料(2人分)

玄米 80g
三年番茶 6カップ(1,200ml)
ふたつまみ(1g)
梅干し お好みで
穂じその葉 お好みで

作り方

  1. 鍋に玄米を入れて弱火で炒る。
  2. 玄米が色付いたら三年番茶を注ぎ、弱火で煮る。
  3. 玄米が動き出したら、塩を加えて強火にして沸騰させる。
  4. 沸騰したら弱火にして30分~40分炊く。ときどき混ぜながら玄米ごはんがふっくらとやわらかくなるまで炊く。
  5. 4を茶碗に入れ、お好みで梅干し、穂じその葉を飾る。

調理のコツ・ポイント

三年番茶は収穫後3年程度かけて熟成させることでカフェインやタンニンが抜け、味がまろやかになった番茶です。手に入らない場合は、普通の番茶やほうじ茶でも美味しく作れます。

栄養価(1人分)

エネルギー 40kcal たんぱく質 2.7g
脂質 1.1g 糖質 28.9g
食物繊維 1.2g 塩分 0.5g
健康道場メールマガジンのご登録(無料)はお済みですか?
最新記事やおトクなキャンペーン情報などをメールマガジンでGET!