1. ホーム/
  2. お知らせ/
  3. サンスター心身健康道場 宿泊型新保健指導の有効性を学会発表

サンスター心身健康道場 宿泊型新保健指導の有効性を学会発表

サンスター株式会社(以下サンスター)は、厚生労働省「宿泊型新保健指導試行事業」に参加して、2015年から2016年にかけて生活習慣病予備群の従業員向けに「宿泊型新保健指導(スマート・ライフ・ ステイ)プログラム」準拠の宿泊指導と事後6か月の継続支援を実施しました。プログラム参加者は、生活習慣の改善が見られ、プログラム実施前後の健康診断の数値を比較したところ、体重、腹囲、BMI、血糖値関連指標が有意に改善しました。サンスターは、この研究結果を、第90回日本産業衛生学会(2017年5月11日(木)~13日(土)、 於:東京ビッグサイト TFTビル)にて発表します。今回得た知見は、従業員の保健指導の充実化に順次 活用しており、今後も社員の健康増進によるパフォーマンス向上と医療費抑制に努めていきます。

「宿泊型新保健指導の有効性を学会発表」について詳しくはこちらから

  1. ホーム/
  2. お知らせ/
  3. サンスター心身健康道場 宿泊型新保健指導の有効性を学会発表
健康道場メールマガジンのご登録(無料)はお済みですか?
最新記事やおトクなキャンペーン情報などをメールマガジンでGET!

Close