1. ホーム/
  2. コラム/
  3. 貯筋のススメ。努力を10年後に活かす方法

貯筋のススメ。努力を10年後に活かす方法

もっと見るタグ: エクササイズ, トレーニング, マッスルメモリー, 健康雑学, 筋肉, 貯筋, 運動, 道場ストレッチ

最近話題のキーワードに、「マッスルメモリー」という言葉があるのをご存知でしょうか?

少し専門的な言葉になりますが、これは「エピジェネティクス」に関係するお話です。
「エピジェネティクス」とは、生命の設計図となるDNA以外にも、個体(人)の身体的特性を定義する要素(食生活や生活習慣、外的環境、心理ストレスなど)があることを解明する学問の1つです。その研究成果の一部として、筋力トレーニングの記憶は、筋細胞内に残るということが判明しました。それがいわゆる「マッスルメモリー」です。

筋肉の中には、「筋サテライト細胞」という種類の幹細胞が存在します。
これは筋線維の素になる細胞で、いわば筋肉の赤ちゃんのようなもの。この「筋サテライト細胞」は、筋肉トレーニングをすることで成長します。一度つけた筋肉の記憶は、この細胞内におよそ10年ほど残り、運動を再開すると、以前の状態に戻ろうするため、トレーニング成果が早く出やすくなるのです。

難しいお話はさておき、我々の身体には「運動の努力を無駄にしない」という、素晴らしい機能があるということ。筋肉は加齢に伴いだんだん減少してゆくものですが、体内で唯一、年齢に関係なく成長を見込める器官でもあります。

しかし、使わなければあっという間に減っていくのも事実。
10年後のご自身の健康のため、負担にならない程度のトレーニングから開始してみませんか?

大腰筋や腸腰筋。股関節周り強化でいい事ずくめ!

近頃、平坦な道でもつまづくことがある……。そんな時は腸腰筋が衰えている可能性が。正しい姿勢を保ち、歩く力を衰えさせないためにも股関節まわりのトレーニングが大切です。

僧帽筋の稼働を増やせば、代謝アップ!スタイルアップ!

背中にある大きな筋肉、僧帽筋。柔軟性をあげて可動域を大きく保てば、代謝アップに繋がります。同時に鎖骨付近の前側にある筋肉のストレッチにもつながり、猫背予防にも効果的。

相撲の四股を手本に、安定した体幹を手に入れる

下半身のバランスを鍛えると、骨盤が正しく安定し、疲れにくくなります。日々の運動が楽にこなせるようになったり、代謝アップなどの効果などのメリットが。日々の努力をより活かせる身体を目指してチャレンジしましょう。

適度な運動は代謝を上げ、成長ホルモンの分泌も促進します。また眠りの改善効果もあり、疲労回復にも役立ちます。柔らかな関節は、体の動きを滑らかにし、姿勢や体型を保ちやすく、見た目もすっと美しく見えるのも嬉しいポイントです。

ご家族やご友人とともに、ゲーム感覚で貯筋競争なんてのもいいかもしれませんね。
道場ストレッチのコーナーでは、他にもお悩みのポイント別に簡単に実践できるストレッチを各種ご紹介しています。ぜひチャレンジしてみてください!

健康道場ストレッチ
http://www.kenkodojo.com/stretch/

貯筋のススメ。努力を10年後に活かす方法
  1. ホーム/
  2. コラム/
  3. 貯筋のススメ。努力を10年後に活かす方法
健康道場メールマガジンのご登録(無料)はお済みですか?
最新記事やおトクなキャンペーン情報などをメールマガジンでGET!